プロフィール

フォトアルバム
ceo

【簡単な経歴/プロフィール】
平成16年10月
30代の夢として飲食店1号店
新宿3丁目に「幻の焼酎とみそ焼鳥高庵TOKYO」をオープンする。

平成19年
新宿:一戸建てに引越し(賃貸)
1Fを事務所

平成20年
オープンから4年間連続黒字達成

平成22年
2号店
今治鉄板焼鳥とこだわりの酒「油屋 黒松 鳴龍の間」
1月22日OPEN
http://r.gnavi.co.jp/a180701/
11月24日母 カネ 永眠
2店舗同時黒字達成

平成23年
3店舗経営に向け物件探し中
3月 東京都心に新築一戸建て購入
3月東日本大震災
6月一戸建てに引っ越し

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 12月の新作はズバリ「イベリコ豚軟骨つくね」だ! | メイン | 東京トレンドランキング »

2007年11月28日 (水)

大手飲食店の偽造問題

について。。。。

「てめーら ふざけんな」


一生懸命

真面目にやってる奴が馬鹿をみるだろ

そりゃ大手になれるよ

腐りかけの食材出したり。。。。。

比内地鶏の偽装なんて

うちの店的にもとても迷惑なんだよ。。。。

って言ったらどーする。

先日
TV番組「マネーの虎」の虎とあう機会があったから話したけど
やはり俺とはあわない
一店舗一店舗を大事にしつつ最終三店舗ぐらいで引退したいという俺と
効率を考え一気に十店舗にしたいという虎
俺には勇気もなければ資本もないし
基本ワンマンでやりたいから投資もやだし 大謝金もやだしね!

大手のマニュアルでは
「こだわればこだわるほど儲けない」とあるが
おおよそ正しいとは思う。
でも偽造やレンジでチン♪はやだ!

【天然とらふぐのヒレ酒】

高庵 TOKYO のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
高庵 TOKYO