プロフィール

フォトアルバム
ceo

【簡単な経歴/プロフィール】
平成16年10月
30代の夢として飲食店1号店
新宿3丁目に「幻の焼酎とみそ焼鳥高庵TOKYO」をオープンする。

平成19年
新宿:一戸建てに引越し(賃貸)
1Fを事務所

平成20年
オープンから4年間連続黒字達成

平成22年
2号店
今治鉄板焼鳥とこだわりの酒「油屋 黒松 鳴龍の間」
1月22日OPEN
http://r.gnavi.co.jp/a180701/
11月24日母 カネ 永眠
2店舗同時黒字達成

平成23年
3店舗経営に向け物件探し中
3月 東京都心に新築一戸建て購入
3月東日本大震災
6月一戸建てに引っ越し

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 8月10日は『焼鳥の日』 | メイン | モノマネ無料です。 »

2007年8月22日 (水)

常連にしか出さなかった究極ちゃんこ鍋

うちの店の場合

新規客(はじめて)
なじみ客(顔は覚えてる)
常連客(よくくる)
ファミリー客(お客様をこえて友情関係が成り立つ)
サポータ(さほどこないけどブログやmixiで告知などしてくれる)

仕事の上では大きく5種類に分ける。

ただ回数を重ねたり
お金を使うからいいというものでもなく
個人店は個人店ナリのプライドを持ちお客様とシンクロしていきたいと
ゆうちゃん的には思うのである。


ファミリーにはメニューに無いものを出すし
無理難題のものを作る場合もある。

ちなみに
高庵の人気メニュー「柔串」~ヤンカワ~
うちの大切なお客様からとったネーミングである。

タイトルにある

『常連にしか出さなかった究極ちゃんこ鍋』

これはもともと
うちのファミリー客が33歳の誕生日と言うことで
ギャグ狙い的な部分も含みつつ考案された鍋(33歳だから33種の具材を入れたんです)であり
当然 お祝いメニューだけに利益除外 贅沢なのはあたりまえ!
もー鍋の底をすくってもすくっても次々と具材が出てくるんだから
自分で言うのもなんだけど

 ほんと一番うまいちゃんこだよ!


で実験的ではあるが
これをコースとして24日から出します。
しかもクーポン併用可能なので今だと最大20%オフ
30種の飲み放題もついてくるよ。

高庵 TOKYO のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
高庵 TOKYO