プロフィール

フォトアルバム
ceo

【簡単な経歴/プロフィール】
平成16年10月
30代の夢として飲食店1号店
新宿3丁目に「幻の焼酎とみそ焼鳥高庵TOKYO」をオープンする。

平成19年
新宿:一戸建てに引越し(賃貸)
1Fを事務所

平成20年
オープンから4年間連続黒字達成

平成22年
2号店
今治鉄板焼鳥とこだわりの酒「油屋 黒松 鳴龍の間」
1月22日OPEN
http://r.gnavi.co.jp/a180701/
11月24日母 カネ 永眠
2店舗同時黒字達成

平成23年
3店舗経営に向け物件探し中
3月 東京都心に新築一戸建て購入
3月東日本大震災
6月一戸建てに引っ越し

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

さよならナカジ

当店のアルバイト

ナカジこと中島が今月31日をもって卒業です。

おもえば約3年

高庵TOKYOがオープンする前から採用がきまった

生粋の生え抜きです。

おもいでも沢山あります。

オープン前

当時のオープニングスタッフ(料理人)との打ち合わせで

ゆうちゃんと料理人が喧嘩

そんな不揃いの足並みの中

君だけは やる気のかたまりでした。


そしてOPEN

連日 売り上げ0円

君が『勉強したいので閉店後

焼酎全部テイスティングしたい』と私に言ってきたこと

今でもいい思い出です。

独立して

今後新たな人生をスタートさせるということですが

様々な試練を乗り切り頑張ってもらいたいと思う。

2007年7月28日 (土)

Change The World を聴きながら

新しい曲もあり

今回、長めのサックス演奏drama

ご来店ありがとうございます。

さらにお客様の昇格祝いに(社長に)

うたをプレゼントpresent

感動もありsad盛上がりました。

さてmixiコミ「高庵TOKYO」で
カキコしていた 今週のサプライズは


「鰻の白焼き 炭火焼」sign01
でした。

日本産にこだわり脂ののった白焼き

自分で言うのもなんですが

美味しかった。happy01


2007年7月25日 (水)

サックスを聴きながら

毎月

高庵にておこなわれるshine

サックスdramaの生演奏を聴きながらお酒を楽しんでいただくeventイベント

聴く分には無料music

もともと高庵のお客様だったのがきっかけrestaurant

オーナーゆうちゃんのまたまた突発的な企画heart01

でも高庵ってアダルト層を完全にターゲットにしてるので

サックスの大人の感じがhappy01

俺的には好き。

いい音楽と旨い酒があるbeer

あー幸せhappy01

2007年7月21日 (土)

裏メニューと深夜常連さま

深夜に来る常連さま
料理で有名な高庵とはいえさほど食べない。
それでも大切なお客様だけに
「痒いところに手が届く」ようにしてあげたい。
アドカドとからすみのつまみ
とか
特別オーダーも常連をこえてファミリーともなれば仕込んでおいたりするわけです。
そして
mixiや口コミで有名でゆうちゃん的にも自信があるのは
白レバーのお刺身
入荷日にしか出さないし
より脂肪の乗ったスーパー白レバーしか刺身で出さない。
特別をこえた裏メニュー
メニュー掲載NG
ご新規さんには出さないという考え。。。。
そしてこの時期には光レンコンのお刺身
通常の3倍の繊維質と栄養分を持つスーパーレンコン
レンコンと言うより梨を思わすような食感
これもシンプルにお刺身

昨夜の常連さまはいつも深夜に訪れるので
高庵で食べたことがない
だもんで泥酔するまえに
白レバーを食べていただく
まさに絶賛
ありがとうございます。


さらに朝まで飲む
もちろん
ゆうちゃん 中居も泥酔 ハイテンション

何故か焼肉じゃんけん
負ければ全員にゴチ!
総勢6人

何故か一発勝負で負けたのは。。。


。。。


。。。


。。。

ゆうちゃんでした。

2007年7月18日 (水)

8月10日は焼鳥の日

7月同様

8月は焼鳥を徹底的に売り出します。

極端な話 平日は無料で食べさせようかなと

例えば

東松山の豚軟骨串
宮崎地鶏の砂肝刺しもしくは柚子胡椒の炎焼き
秋田比内地鶏の串藻塩焼き
鶏がらスープ
などなど

まだ企画段階ですがね。。。。

そして今月の残されたイベント

7月27日23:00~
サックス生ライブ 入場無料

7月31日
なかじま送別会 鶴見のみほ三千円 1人予算5~8000円位

さらに
8月1日 ゆうちゃん引越し引越し祝い待ってます。
玄関マットはエレがくれるようです。

高庵 TOKYO のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
高庵 TOKYO